頭皮が赤いのはナゼ?赤みの原因とやっておくべき5つの対策

頭皮が赤いのはナゼ?

頭皮が赤くなるのって?

頭皮が赤いのはナゼ?赤みの原因とやっておくべき5つの対策

 

通常だと青白い色をしている頭皮。
でも、まるで頭皮をかきむしったかのように赤い色をしていることはありませんか?

 

これは紅斑(こうはん)とよばれるものです。
皮膚の毛細血管が拡張し、頭皮の下が透けて赤く見える症状です。痛み、かゆみはなく、自分で気づかないことも多くあります。

 

早急に治療が必要なものではないのですが、紅斑が長い間続くと、かゆみや痛みがでてくる場合があるので、発見したら早めに原因をみつけ対処しましょう。

 

 

紅斑ができる原因

 

紅斑ができる原因は下記の理由が考えられます。

 

  • 頭皮に合わないシャンプーを使っている。
  • 頭皮がかたくなって血流が悪い。
  • パーマ剤やカラーリング剤からの刺激で頭皮に負担をかけている。
  • 紫外線からの影響をうけている。

 

日常生活を送る中で、紅斑が出来る原因は沢山あります。
あてはまる原因にそれぞれの改善が必要です。
改善した日常生活を送ることが、紅斑とサヨナラする一番の近道です。

 

では、早速ご案内しましょう。

 

 

シャンプーを見直しましょう

 

紅斑がでている皮膚は頭皮の状態が良くありません。
皮膚がもっているバリア機能もあまり充分ではなく、外からの刺激をそのまま受けてしまいます。
なので、なるべく頭皮に負担をかけないことが大事です。

 

頭皮トラブルがおきている場合は、その症状にあったシャンプーを使うのが一番です。
症状にあった成分が入っているので、頭皮の回復が早まるからです。

 

症状別におすすめのシャンプーをまとめてみました。

 

頭皮トラブルにおすすめのシャンプー

 

毎日のシャンプーからの刺激をなくしましょう。

 

 

シャンプーの後に保湿美容液で潤いを与えましょう

 

皮膚のバリア機能が充分でない場合は、皮膚本来がもっている皮脂も満足に出せない状態です。
皮膚にかさつきがあるのもそのためです。

 

その場合は、シャンプーの後に頭皮用の保湿美容液をつかうのが効果的です。

 

頭のかゆみ対策は保湿が大事。頭皮用保湿液で潤いを

 

シャンプーとあわせて使うと、頭皮の回復を促します。

 

 

頭皮マッサージをして皮膚をやわらかくしよう

 

頭皮の状態が悪い皮膚はかたくなっている場合が多いです。
紅斑になるのも、皮膚の血行不良が原因の一つと考えられます。手のひらで頭皮を包み、指で頭皮を動かしてみましょう。

 

全く頭皮が動かない場合は注意です。頭皮がカチカチになっている証拠です。
毎日、数分程度でかまいません。頭皮マッサージをおこないましょう。

 

詳しくは睡眠のページで紹介しています。

 

頭皮のかゆみに「効く」睡眠とストレス解消法

 

一回ためしただけて、驚くほど頭皮がやわらかくなります。
頭のすみずみまで血液がいきわたるのを感じ、とても気持ちよく感じます。

 

とてもよい気分転換になるので、毎日の生活にとりいれましょう。

 

 

パーマ剤やカラーリング剤をつかわない

 

紅斑がでている間はできるだけ頭皮に刺激があるものは控えましょう。パーマ剤やカラーリング剤は頭皮にとても刺激が強いものになります。

 

これらのものを定期的につかうと、継続的に頭皮に負担がかかり、回復がおそくなってしまいます。
頭皮へのお休み期間をもうけることが大事です。

 

紅斑もすっかりなくなった頭皮にもどってからの使用がのぞましいです。

 

 

紫外線から頭皮をまもりましょう

 

頭皮も皮膚の一部なので、腕や足と同じように紫外線の影響をうけます。
長い時間、強い日差しにあたると頭皮がかゆくなるのはそのためです。紫外線が強い季節は、帽子や日傘などで頭皮を保護しましょう。

 

帽子をかぶる場合は、適度に帽子をとって頭皮がむれないようにするもの必要です。
頭皮を清潔に保つもの負担をかけない一つの方法です。

 

 

紅斑をなくすには

 

今の頭皮にあっているシャンプーにかえる。
シャンプーの後に保湿美容液で頭皮に潤いをあたえる。
頭皮マッサージをして皮膚をやわらかくする。
紅斑がでている間はパーマ剤などの使用をひかえる。
紫外線が強い季節は帽子などで頭皮をまもる。

 

上記のことを毎日の生活にとりいれてみましょう。

 

頭皮への負担を減らすと皮膚環境もどんどんよくなります。
健康的な頭皮を一日でも早くとり戻せると良いですね。